大島ジェット式籾摺り機 MRα-Ⅱシリーズ

-ぶんぶん丸シリーズ-6つのメリット

■調整不要!
ジェット方式では、ゴムロールを使用していませんので、従来のようなロール間隔の調整が必要ありません。
電子制御も行われていないので、突然の電気トラブルの心配ありません。

■玄米が本当にきれい!
ジェット方式は、ロールのような『摺り』による脱ぷを行いませんので、肌ズレや損傷がほとんどなく、光沢のある大変きれいな玄米に仕上がります。

■大変静かな籾すり音
籾すり時に発生する「ゴォー」という大変大きな音がしますね。ジェット方式ではこの籾すり音がありませんので、作業中の会話もOKです。

■耐久性ばつぐん
安定した搖動選別と連動し、脱ぷ率は80~85%。ジェットファンの回転数が低いため、ファンの耐久時間が長くとれ、 ロールよりも長い時間無交換で運転することができます。

■貯蔵にも最適!
玄米への損傷がほとんどありませんので、損傷部からの酸化が抑えられ貯蔵時の変質も抑えることが可能となります (変質までの貯蔵時間は保管の環境や籾の性状により変化します。)

■籾の状態に左右されません
自然乾燥籾や有機栽培の籾、高水分籾など、従来のゴムロール方式では籾すりしにくかった籾も問題なく脱ぷすることができます。 この場合でも、肌ズレはほとんどありません。
*ロール方式は16%付近から急に脱ぷ率が悪くなる傾向にありますが、ジェット方式は比較的変化なく脱ぷします。

脱ぷの特徴

ジェット方式の脱ぷには、ロール方式のように回転差や圧力を加えずに脱ぷする優しい方式です。肌ズレが少なく、玄米に光沢があり、貯蔵中での変質も少なくなります。
*すべて当社内での調査によるものです。籾の性状や作業内容により変化しますので画一的なものではございせん。

ジェット方式とは・・・

籾の構造は、2枚の籾殻が合体した中に玄米が保護されています。
1. 脱ぷファンの回転によって内側から外周に
  向かって籾が飛び出します。
2. 遠心力・摩擦力などによって
  籾殻が開きかかります。
3. 外周のゴムにあたった際に、
  2枚の籾殻から玄米が飛び出します。
さらに加速されながら、玄米と籾殻が分離されて、本機内の風選部に送られます。

高選別を実現する「搖動選別方式」を採用

搖動選別板が大きく、余裕のある選別面積が高精度、高能率を発揮します。
■型式別選別板枚数

型式MR5αⅡMR4αⅡMR3.5αⅡMR3αⅡMR2αⅡ
枚数9枚7枚5枚5枚3枚

異物除去装置により、
選別板に摺り米を流す前に大きな異物を除去しますので、
トラブルも減少し能率アップにつながります。

異物除去装置により、選別板に摺り米を流す前に
大きな異物を除去しますので、 トラブルも減少し
能率アップにつながります。

使う人にやさしい親切設計

大きな確認窓との組み合わせで、
選別状態が大変見やすくなりました。
仕上米の調整や返り籾の調整も簡単に行えます。

車輪は4輪仕様。籾摺り機の設置や収納時の移動がラクラク行えます。 また、車輪の出し入れもレバーを回転させるだけの手軽さです。
(MR2αは2輪です。)

■多重クリーンシステム
籾すりの各工程に風選機構を連動設計。各工程で出る、
しいな・籾殻・ヌカ等をしっかり取り除きます。

■仕上げ米風選システム
仕上げ米排出パイプより吸引し、仕上げ米に付着した
米ヌカなどを綺麗に取り除きます。

■垂直二重風選システム
情報から垂直に空気を吸い上げる風選方式のため、
風選時間が長く取れ、シイナや籾殻を
綺麗に取り除きます。

いつでも100%の機能を「らくらくメンテナンス」

カバーを簡単に脱着できて、メンテナンスしやすくしました。 また、機械内部のスクリュー部や昇降機の底も簡単に残留処理出来ます。

■主要諸元表/寸法図はこちらから(→PDF)

■製品ラインアップ一覧へ戻る